ニキビを改善するには、ニキビ専用のスキンケアを! 「ニキビを繰り返すのが怖いから、べたつくかないよ...

ニキビ用の乳液を選ぶポイントは?

ニキビを改善するには、ニキビ専用のスキンケアを!
「ニキビを繰り返すのが怖いから、べたつくかないように化粧水しかしない」「つけごこちがサッパリしたほうがニキビにはよさそう」など、使用感だけで化粧品を判断するのは間違いです。ニキビを改善するには、赤くなった「炎症ニキビ」も抑えられる成分が配合された基礎化粧品であることが基本です。ニキビの炎症を抑えてくれる有効成分が配合されたものを選ぶということが大事なポイントです。同じ場所に繰り返しよくできてしまうニキビ、通称大人ニキビは、お肌が乾燥していたり、お肌の生まれ変わりがうまく行われていない、ストレス、などの原因があげられます。ニキビ専用の化粧水や乳液を使うだけで、それらを改善していくことができます。
ニキビが治った後で、ニキビ跡ができてしまうことがあります。ニキビ跡は皮膚の生まれ変わりによって目立たなくなってきます。ですから、肌の生まれ変わりをサポートしてくれる成分が配合されているものを選ぶということが必要となってきます。
ニキビ跡はクレータータイプのものと色素沈着のものがあります。色素沈着のタイプのニキビ跡をケアするには、美白成分が最適です。色素沈着はメラニンが発生することによってできてしまいます。ですから、メラニンの生成を抑えたり、メラニンの排出をサポートしてくれる美白成分が最適というわけです。したがって、美白成分が配合されているかどうかも重要となります。